テーマ:富士SW

残念な出来事

ルマン・クラシック・ジャパン2007に行って来ましたがFSWでは残念なことがありました。 一つはこれです。FSWに写真を撮りに行かれた方ならご存じかと思いますがねらい所が無くなってしまいました。ここをねらうスポットはいつも混んでいましたね。 さらにもう一つ F1開催で設置した仮設スタンドの撤去が始まっています。これはネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2007.11 SuperGT at FSW

今年一年はHonda NSXの速さが顕著でしたが最終戦も同じでした。 ただし,優勝したのはこのマシン。 Epson NSX 2位は予選で気を吐いたカルソニック インパル Z シリーズチャンピョンは第8戦で決まり特別バージョンのロゴ付きです。 ARTA NSX さて来年はどうなるのでしょうか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2007.11 SuperGT

FSWから帰ったところです。今,データをダウンロード最中です。 とりあえず2枚だけ載せておきます。 ブノア選手流石の走りでポールポジションです。 Ford GT 好きなマシンですが。。。。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本GP(その2)

 今年の日本GPは席が写真にあまりよい場所ではなかったことと雨対策をしっかりしていかなかったこともあり写真撮影は程々にしてレースをしっかり見ることにしました。  始めのコースでしかも雨の中で世界最高峰のドライバー達は走りながら臨機応変に対応してしている様子がよく分かりました。やはりF1は世界最高のモータースポーツです。 …
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

日本GP

この前,富士スピードウェイでのF1-GPを見たのは1976年ですから31年ぶりとなりますが今回も雨と霧のF1-GPとなりました。 それでもあんな状況でもしっかり走るF1ドライバーはすごいですね。 パークアンドライドに関してはいろんな方が書いているように私もひどい目にあいました。とにかく疲れ果てました。
トラックバック:5
コメント:8

続きを読むread more

2007 Motor Sport Japan

今年もMotor Sport Japanへ行って来ました。14時から始まるJリーグの試合も見に行きたかったので開場の9時前につきましたがもう長蛇の行列が!!今年は混んでいました。しかしながら今年は個人の参加はなしということらしく昨年のカーマンアパッチやコニリオのような滅多にみることができないコアなマシンはありませんでした。 …
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

マクランサ

 NHKで浮谷東次郎の特集番組の録画放送がありました。友人である童夢のはやしみのるさんも出演するということで楽しみでした。25分程度の短い放送であったことと東次郎の紹介ということに重点が置かれていてレースシーンは船橋CCCレースでのロータスエランが少し写っただけでちょっと残念な内容でした。  レース界の浮谷東次郎というとCCCレースに…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

F-Nippon at Fuji

富士SWで開催されたF-Nipponに行って来ました。朝5時過ぎに家を出て帰ったのが21時過ぎでした。やはり疲れました。 御殿場駅では大勢の人たちが降車して,F-Nipponも観客が集まるようになったのかと思ったらほとんどの人たちは自衛隊のイベントに行く人たちでした。 勝ったのはこの人。鈴鹿1000kmからすっかりの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

F1チケットが来ました

 金曜日にF1チケットが送られて来ました。写真からお分かりのようにM席(ネッツコーナー)です。私が富士SWに通った頃,最終コーナーは大きな250R/150Rでシケインなどはありませんでした。新コースは今年の5月のSuperGTに行っただけでほとんど知りません。今年はチャンピョン争いが激戦なので楽しみです。    富士SWでの…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

若き日の中島選手

颱風でなにもすることができず古い写真を整理していましたらこんな写真を見つけました。 1977年のJAF-Fuji GPでのFJレースです。スリップストリーミングに入っているのはNOVA513を駆る若き日の中島悟選手です。この年,中島選手は出場したすべてのFJレースを勝ち取ったはずです。NOVA513には前年,私の好きな高武…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しいマシン

 生沢徹選手のGRD S74です。GRDは英国のコンストラクターですがこのボディは日本のVALが製作しています。トレッドが広く直線が長い富士SWでは不利なシャーシーですが空気抵抗の少ないボディを搭載して富士GCで活躍しました。  1974年富士ビクトリー200キロレースのF1走行に同行したG.マーレイが生沢選手のGRDをみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1971 日本GP

 1969年からJAF-GPとしてフォーミュラカーが独立しましたが日本GPのタイトルが付いたのはこのレースからだと記憶しています。当時は5月のゴールデンウィークは毎年富士SWに通っていました。もちろんこのレースも行きました。  レースは永松選手がスタートから飛び出し,チームメイトの益子選手が他選手を押さえるという展開でした…
トラックバック:3
コメント:8

続きを読むread more

2007 SuperGT at FSW

 漸く写真全体を見ることができました。やはりまだスローシャッターでうまく撮れていません。今日,GAOSでレースを見ましたがホントにあれたレースだったんですね。現場にいると何がおきているのか全く分かりませんでした。FMラジオも持っていったのですがやっていないのか聴取することができませんでした。  今日アップする写真はGT300です。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2007 SuperGT R3

漸く写真を取り込むことができました。非常に多くの写真を撮りましたのでまだ一部しか見ていません。ほとんど始めてといってもいいFuji-SWですからどこで撮ったらよいのか分からず第一コーナー側から回って見ましたがどこもフェンスが高く撮影には適さないと判断してヘアピンの仮設スタンドでほとんどの写真を撮りました。昔はヘヤピンではフェンスの金網の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

28年ぶりでした

Fuji-SWに行って来ました。SuperGTを見に行った訳ですがこの前富士SWに行ったのは1979年でしたのでなんと28年ぶりということになります。GWには日本GPやJAF-GPがあったのでよく富士SWに行ったものですが。。。 混むという噂だったので朝5時に家を出て御殿場線とバスで行きました。 まず御殿場駅がすっかり立派になっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

1968 日本Can-Amレース

 1968年11月23日,アメリカからCan-Amシリーズがやってきました。ワークスマクラーレンやシャパラルは最終戦における事故のためにやってきませんでしたが,Mark Donohue や Peter Revson といったトップドライバーが日本に来ました。日本からは3リッターのトヨタ7や滝レーシングチームの Lola T-70…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

日本グランプリ

   日本の名レース100選の一冊として1967年の第4回日本GP号が発売され早速買いました。このレースは私がはじめて見に行ったレースで思い出深いものです。富士スピードウェイには沼津から御殿場線で御殿場駅までいきそこから臨時バスでいきました。行く途中でスポーツ新聞で予選の結果を確認したらサムライプロトは車検落ち,ダイハツP5は…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

スタート直前

 1969年の富士1000kmレースでの写真です。5,000ccエンジンを積んだ Toyota New 7 のデビュー戦です。ルマン式スタート前にアップする鮒子田寛選手の様子からレース前の緊張感が伝わって来ます。  出場車は Toyota New 7 が2台,滝レーシングの Lola T70 (オープントップボディに換装),チ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の富士スピードウェイ

 フォーミュラニッポンの第一戦は雨と霧のために中止という残念な結果でした。スピードウェイでは何度か雨のレースがありました。強く記憶が残っているのは1976年のF1グランプリです。朝早くから傘を差しながらいつ始まるのかずっと待ち続けました。  写真は1975年の富士マスターズ250キロレースでのJ.P.ジャブイーユとアルピーヌルノーです…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Formula Nippon

Formula Nippon の初戦が富士スピードウェイにて開催されました。 予選は快晴で富士山もきれいに見ることができたようです。 しかしながら決勝レースは雨と霧で何度もスタートが延期された上に最終的には中止となったようです。天候自体はコントロールできませんし霧や雨のレースは危険であり状況に応じて中止するのは致し方ありません。…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more