ホンダのレーシングスポーツ

鈴鹿で開催されたAHSMでホンダS800のエンジンを使用したレーシングスポーツカーが走りました。

若き日の林みのるさんが制作したマクランサです。当時のマシンですが元気に走っていました。
画像


濱素紀氏がデザインしてレーシングクォータリーが販売したコニリオです。このボディは最近制作されたものです。
画像


この日は雑誌の取材もありR800とともに三台並べて記念撮影です。
画像



このR800もおもしろいストーリーがあるので今度紹介します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひろポン
2010年11月26日 00:55
>lotus49ford様こんにちは。
フジへ鈴鹿へとお忙しそうで羨ましいです!
懐かしいマシンが走ったんですね。
コニリオって結構沢山生産されたんですね。
富山のクーペは1台しかないんでしょうか?
あのスパッと切れたテールが面白くて、昔から好きなマシンでした。
2010年11月26日 22:45
ひろポンさん
鈴鹿のAHSMは楽しかったですよ。
コニリオは10台近く生産されたのではないでしょうか?また最近3台再生産されたはずです。一台はコレクションホールにあります。クーペは一台しか製作されなかったはずです。
濱素紀さんのお話では風戸裕用に設計したということで図面には風戸選手の目線が書いてありました。

この記事へのトラックバック